HOME > ロータリークラブについて > 第2620地区アシスタントガバナー

地区アシスタントガバナー


2017-2018年度 アシスタントガバナー 土屋  龍太郎

 国際ロータリー第2620地区 静岡第2分区
2017-2018年度 アシスタントガバナー
土屋  龍太郎(伊豆中央RC)


国際ロータリー第2620地区のHPLinkIcon




アシスタントガバナー挨拶


2017—18年度の静岡第2分区ガバナー補佐を務めることになりました伊豆中央ロータリークラブの土屋です。微力ではありますが、精一杯頑張りますので、皆様のご支援とご協力をお願い申し上げます。
 
イアンH.S.ライズリ―2017—18年度国際ロータリー会長のテーマは、「ロータリー:変化をもたらす」であります。112年の歴史を持つロータリーは、会員と地域社会のニーズに対応しながら、変化してきましたが、ロータリーの根底のあるものは不変であり、地域社会と世界に変化を生み出したいと願い、奉仕を通じて社会に変化をもたらしてきました。
 
これを受けて、松村友吉2017—18年度第2620地区ガバナーは、変化すべきものと守るべきものを見極めることで、未来のロータリーの在り方を考えようと、言われています。
 
グローバル化、IT化、少子高齢化が進む社会環境の中で、組織の維持イコール会員増強にどう取り組むかが、ロータリーの将来を大きく左右すると言っても過言ではありません。しかし、そのためにロータリーの本質を見失っては元も子もありません。
 
ロータリーの地域社会を良くしようという活動が、適正な評価を得ることで会員の増強に繋がるのが、理想的な展開でありますので、積極的な広報活動も重要であります。
 
変化と言えば、分区再編に向けての準備をしなければなりません。地区運営規定に、ガバナー補佐の担当分区とクラブが定められておりますので、その改定を受けての対応ということになりますが、第2分区7クラブは、2つのグループに分かれることになりそうです。
再編準備の過程で、分区或はグループの意義、ガバナー補佐の役割と選出方法、IMの在り方等の議論を深めることで、変えるべきものと守るべきものを見極め、結果として分区を構成するクラブとその会員にとって有益な変革にしていきたいと考えています。
 
7クラブによる分区運営は、最後の年となりますので、皆さまのご支援ご協力をお願いして挨拶とさせて戴きます。よろしく、御願い致します。

会員専用ページログイン

ロータリー関係サイト

国際ロータリー
ロータリージャパン
国際ロータリー第2620地区

三島西ロータリークラブ事務所

〒411-0858
静岡県三島市中央町4番9号
小野住環境中央町ビル 2F
TEL 055-976-6351
FAX 055-976-6352


事務所へメールでお問い合せ >>