HOME > ロータリークラブについて > 第2620地区 静岡第1グループ ガバナー補佐

地区ガバナー補佐


2021-2022年度 ガバナー補佐 松井大英

国際ロータリー第2620地区
静岡第1グループ
2021-2022年度 ガバナー補佐
松井大英(下田RC)


国際ロータリー第2620地区のHPLinkIcon




ガバナー補佐挨拶

  
2021-2022年度RI2620地区静岡第1グループ ガバナー補佐を務めます下田RCの松井大英です。1年間よろしくお願いいたします。

今年度シェカール・メータRI会長のテーマは「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」です。「奉仕」はロータリークラブの永遠のテーマです。次の「みんなの人生を豊かにする」は「change lives」の訳語です。直訳すると「人生を変える」です。「現状を変える」すなわち、「今困っている人たちを困らないように変えていく」という意味が含まれています。そしてそのためのキーワードが「Grow More Do More」です。「ロータリークラブの会員を増やす」ことが大切、それは「それによって、ロータリーが変える力を持つ」ことに繋がるからだとおっしゃっています。そこには「どんなに高尚なテーマでも、言葉だけではダメだ。実際に現状を変える力も持ち、変えていこうとする意志を持たなければならない」という強いメッセージが込められています。「会員増強」の目的は「奉仕する仲間を増やす」ことであり、既存の会員も、今一度『ロータリーの奉仕の精神』を再確認することが求められています。

社会は今、新型コロナウィルス感染拡大に人類規模で対応をしています。この未曾有の危機の中で、私たちはどのようにして社会に奉仕していけばよいのか、どうしたら奉仕の結果を出すことができるのかを考えなければなりません。「奉仕団体」としてのロータリークラブの真価が問われています。緊急時には平時とは異なる行動が求められます。「コロナが落ち着くまで何もしないでおとなしくしていよう。また以前のように楽しいロータリークラブの活動ができるまで待っていよう。」なのか、「何かひとつでも社会のために奉仕できることをしよう。」なのか、ロータリアンの求められる姿はどちらでしょう?

地域に、そして大きくは人類に、奉仕し、結果を出すロータリー、その姿を静岡第1グループから発信していきませんか。コロナ禍の社会にあって、ロータリアンとして、実際に奉仕の成果を出す覚悟をもって、皆さんで活動してまいりましょう。

会員専用ページログイン

ロータリー関係サイト

国際ロータリー
ロータリージャパン
国際ロータリー第2620地区

三島西ロータリークラブ事務所

〒411-0858
静岡県三島市中央町4番9号
小野住環境中央町ビル 2F
TEL 055-976-6351
FAX 055-976-6352


事務所へメールでお問い合せ >>