HOME > ロータリークラブについて > 第2620地区 静岡第1グループ ガバナー補佐

地区ガバナー補佐


2022-2023年度 ガバナー補佐 遠藤正幸(三島西RC)

国際ロータリー第2620地区
静岡第1グループ
2022-2023年度 ガバナー補佐
遠藤正幸(三島西RC)


国際ロータリー第2620地区のHPLinkIcon




ガバナー補佐挨拶

  
2022~2023年度静岡第1グループでガバナー補佐を務めます三島西RCの遠藤正幸です。
淺原ガバナーのご指導の元精いっぱい頑張りたいと思います。よろしくお願いします。

今年度のRI会長は、ジェニファー・ジョーンズさんです。テーマは「ImagineRotaryイマジンロータリー」です。「世界にもたらされる変化を想像して大きな夢を描き、その実現のためロータリーの繋がりを生かすよう呼びかけました。世界にもたらす変化とは、平和の推進・疫病との戦い・水と衛生・母子の教育・教育の充実・地域経済の発展・環境の7つの重点分野の成果です。そして、課題として・ロータリアンの3割を女性会員にすること・適応力(変化を受け入れること)と改革・革新的クラブや活動分野に基づくクラブの創設を掲げました。(Eクラブ等)

その根底にはDEIへの取り組みで世界を変える行動規範としての活躍、そこから生まれる変化を求めています。ちなみにDEIとは、多様性と公平性とインクルージョンです。

それらを踏まえ淺原ガバナーは、地区運営方針を「絆を深めて、ロータリー活動を再開しよう」としました。アフターコロナを見据えてクラブは独自の活動を復活させ奉仕活動に注視しようとし、懇親会などの親睦活動で絆を深め、ロータリーを再開しようと提唱しました。活動を復活させたクラブには支援の手を差し伸べよう。奉仕活動こそ会員増強の根源とも言っています。

2018年から地区割が変わり9クラブでスタートした静岡第1グループは現在8クラブとなってしまいました。平均年齢も徐々に高くなっています。魅力ある奉仕活動で公共イメージ向上を図り、会員増強を目指しましょう。

コロナ渦で3年目を迎え、ロシアのウクライナ侵攻もあり、世界観や価値観が大きく変化してきました。私はロータリーに入会して36年目を迎えました。変わらないのはロータリーの精神である「4つのテスト」・「親睦と奉仕」です。

コロナとの付き合い方もわかってきました。IMもコロナ禍の中でもできるような会議を考えたいと思います。ロータリアンの皆様、ともにロータリーの再開に汗を流し、素晴らしい1年にしたいと思います。

皆様のご支援・ご協力をお願いしご挨拶とさせていただきます。1年間よろしくお願いします。

会員専用ページログイン

ロータリー関係サイト

国際ロータリー
ロータリージャパン
国際ロータリー第2620地区

三島西ロータリークラブ事務所

〒411-0037
静岡県三島市泉町9-8
高島テナント1階南
TEL 055-976-6351
FAX 055-976-6352


事務所へメールでお問い合せ >>